昭和28年 舞台俳優を志し、日本舞踊、創作舞踊を故花柳徳兵衛に師事。
昭和33年 中華人民共和国に花柳徳兵衛を団長とする「訪中日本舞踊団」の一員として参加、約四十日間、中国各地で公演、「舞踊こそ世界の共通語」の信念を固め舞踊家となることを決意する。
昭和33年 花柳流家元より花柳左兵衛の名を許される。花柳徳兵衛舞踊団員として舞台を主にテレビ、映画等で活躍。
昭和55年 花柳流家元、了解の許に円満独立。日本舞踊「左門流」創流。その後、創作舞踊を主に東京国立劇場に於て「左門左兵衛りさいたる」を隔年開催。
昭和59年 ビクター音楽産業より左門左兵衛著の「JAPANES拉 DA’NCE」が英訳出版され、世界各国に紹介される。
昭和60年 名古屋市及び中日新聞社の後援により姉妹都市中国「南京」へ舞踊公演。
平成4年 左門流創流十周年記念海外公演をスペイン、グラナダ市に於て開催。
平成5年 日本・シンガポール友好文化祭に舞踊出演。
平成6年 日本・中国友好文化祭に舞踊出演。
平成8年3月 スペインヒホソ市に於て舞踊公演。
平成8年4月 左門左兵衛振付の「ビデオ日本舞踊名作選」全十巻がビクター伝統文化振興財団より全国に発売される。
  朝日カルチャーセンター名古屋、東京立川。
毎日文化センター。静岡朝日テレビカルチャーセンター。 各講師。
日本舞踊左門流初代家元・八王子日本舞踊連盟会長・東京日野ロータリークラブ会員
ビクター民謡舞踊連盟常任理事・日野市古典研究会会長
元東海女子短期大学非常勤講師(日本芸能史)
平成23年1月 急逝